アバナ(ステンドラ)に年齢制限はあるのか?

アバナ(ステンドラ)って何歳から使用してよくて、何歳以上になったら使用してはいけないと言う決まりがあるのかについて説明をしていきます。

アバナ(ステンドラ)に年齢制限はない

アバナ(ステンドラ)には高齢者の方から若い世代の方まで幅広く利用することが出来るED治療薬です。

アバナ(ステンドラ)は第4世代の次世代のED治療薬としてこれまでに発売されているED治療薬のいいところを併せ持ったED治療薬と言われています。

アバナ(ステンドラ)成人男性で特に持病を抱えていたり、普段から薬を服用していない健全な方であればどなたでも服用することが出来ます。
※持病をお持ちの方は必ず医師に服用して問題ないか確認してから使用してください。

ED治療薬を服用している人の統計データでは、80歳以上の利用者もいるぐらいです。

とはいえ高齢者の方は自覚がなくても腎臓病や肝臓病、心臓などの様々な病気を患っている可能性もあります。

アバナ(ステンドラ)をはじめとしてED治療薬を購入する前には、ご自身が健康体かどうかをを十分に把握した上で、ご利用しなければいけません。

特に65歳以上の高齢者の方はアバナ(ステンドラ)100mgの錠剤を最初は半分に割って利用するとより安全にお使い頂けます。

少しでも心配がある場合は、必ず医師に相談をして、なるべく体に負担がかからないように服用しましょう。

加齢とともにED(勃起不全)になりやすくなる

個人差にもよりますが、年を重ねるとともに性欲減衰や性機能が低下すること逃れようのないことです。

年齢を重ねると、男性ホルモンの1つである「テストステロン」の量が減少してしまい男性機能が低下してしまいます。

さらに高血圧や糖尿病といった生活習慣病にかかりやすくなるのでEDのリスクは高まってきます。

未成年者の服用も原則は問題ない

未成年者の方でも過度なストレスだったり、精神的なプレッシャーなどからEDになってしまう人もいます。

しかし、未成年者への処方に関して、特別処方禁止という事もなく未成年者が服用したことによって危険な状況になったというデータもなく心配することはありません。

今は若い人でもEDになる人が増えており、世界中でED患者と言うのは増加傾向にあります。

心因性の原因として性行為がうまく出来ずにショックを受けたことが原因でEDになってしまうと言う人も多いのですが、そこでED治療薬を服用して自分に自信をつけてEDを治すと言う方法もあります。

日本性機能学会ではED治療薬の処方に関して、原則20歳以上で本人の確認が取れる方への処方を選奨しており、病院によっては未成年者の方には薬は出さないと言うところもありますが、基本的に身体に影響はないので既婚者の方には処方をしてもいいとされています。

このことからも未成年者の服用に対して原則問題ないということが分かります。

アバナ(ステンドラ)【100mg】まとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 33% 24,360円 16,303円 582円 通販
5箱 30% 17,400円 12,029円 601円 通販
3箱 25% 10,440円 7,882円 656円 通販
2箱 18% 6,960円 5,742円 717円 通販
1箱 3,480円 870円 通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする