アバナ|ステンドラ第4世代の最新ED治療薬

アバナ(ステンドラ)を女性が服用したらどうなる?

アバナ(ステンドラ)は男性のEDを改善、サポートする治療薬です。

あくまでも対象は男性でありますが、女性にも血管を拡張する効果があらわれることが分かっており男女を問わず血流をよくする効果があると言われています。

そもそも女性に性欲はあるの?


一昔前は女性には性欲がないと言われていましたが、これは間違いです。今は男性と同じ、もしくはそれ以上の性欲があると言われています。

また男性は25歳までをピークと言われていますが、女性の場合は40歳ごろにピークを迎えると言われています。

女性は男性と違い勃起という明確な身体的変化が少ないので分かりづらいという理由から性欲はないとされていますが、今は内性器の充血やクリトリスと言う現象が確認されていることから女性も性欲があるということは間違いないとされています。

服用して媚薬効果はあるのか?

よく勘違いされていますが、ED治療薬には媚薬のような興奮剤の効果は入っていませんので服用したことで性欲が増進されるということはありません。

アバナ(ステンドラ)をはじめとしたED治療薬の効果として認められているのは、服用したことで血管を拡張する効果だけです。

脳内の性欲に関する分泌量を増やしたり減らしたりといった直接的な媚薬効果は認められていないので勘違いしないようにしましょう。

ごく稀に服用したことで性欲増進効果を実感する人もいますが、あくまで「錯覚する類のもの」と言われています。

女性が飲んでも平気なのか?

アバナ(ステンドラ)は男性の勃起不全を解消するED治療薬です。

アバナ(ステンドラ)には血管を拡張する効果があり、男女を問わず効果が出ると言われています。

個人差がありますが男性器同様に女性器の血流もよくなることで、女性器周辺が敏感になることでオーガズムに達しやすくなったと言う実験結果があります。

約100人にED治療薬を服用してもらったところ、被験者の多くに効果が出たと言うデータもあります。

とはいえ、医学的な証拠や根拠はいまだに発表されていません。

女性には、男性と違い、陰茎海綿体や尿道海綿体が無く勃起と言う概念がありません。またED治療薬を服用したことにより、これから性行為が始まるという精神的要因が興奮状態へと促して血流が良くなってオーガズムに至ったと言う過程が現れた可能性のほうが高いです。

簡単に言えばプラシーボ効果(思い込み)によるところが多いのではないかと言われています。

女性がアバナ(ステンドラ)を服用した場合、ただ頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまいといった副作用との戦いに苦しむ可能性のほうが高いです。

結果的にアバナ(ステンドラ)をはじめとしたED治療薬を女性が服用しても、望ましい効果は期待できないので服用はしないようにしましょう。